竹内道宏(26歳)part.4|20代クリエイター限定インタビューマガジン creatalk

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

title.png

4.社交的になれなかった自分への復讐

竹内道宏アンケート竹内道宏アンケート2

ーーではアンケートで答えてもらったものについてなんですが、むらた泌尿器科の看板下っていうのがもの凄い気になるんですけど……(笑)

「気になりますよね(笑)。それはね、僕が昔住んでたマンションの一階にあったのがむらた泌尿器科だったんです。だからマンションにでっかい看板が掛かってたんです。それで「竹内くん家って村田泌尿器科の下やろ」って言われるのがすごい嫌ややったんですよ。おしっこ臭いイメージがあるじゃないですか。実際おじいちゃんとかがいっぱい来てて。僕の家は3階やったのに、なにを思ったのか知らないおじいちゃんが入ってきて。ここ泌尿器科ちゃうで、っていうこともあって(笑)」 

ーー苦い思い出ってことですね(笑)。じゃあ文章、イラスト、映像、パフォーマンスと活動が幅広いですけど、一番好きなことって何ですか?

「イラストですね。いちばん面倒臭くないし。パフォーマンスとかは作業が結構時間かかるから。絵はパパっと描いてもう出来ますからね」

ーーあれってパソコンで書いたりしてるんですか?

「いや手書きですね。下書きからして、それをスキャナで取り込んで」

ーー女の子の絵が多いですけど、やっぱりあれは好みの女の子なんですか?

「(笑)。まぁ可愛い子のほうがいいじゃないですか。可愛さがほしいんですよね、格好良さじゃなくて。可愛いほうがどこにいてもいいじゃないですか」

竹内道宏06竹内さんのイラストよりーーそして男の人はあまり描いてないですよね。描いたとしても気持ち悪いオジサンとかが多くて。

「まぁ格好良い男を描いてもなんのテンションも上がらないですから(笑)。でも可愛いのばっかりじゃアレだから、バランスっていうか。オジサンと可愛い子とか、可愛い子と血とか。ギャップじゃないんですけど、あまりストレートに出したくないっていうのもあるかもしれませんね」

ーー創作意欲のもとは? っていうアンケートの答えが「復讐心」じゃないですか。これは格好良い男たちへの復讐心というか、醜い男しか描かないのは外見が良い男に対してなにかネガティブな感情があるからなのかな、とか思ったんですけど。

「あー(笑)。いや……格好良い人を格好良く描くのが嫌ではないんですけど。格好良い人に対するなにかっていうのは特にないですよ。復讐心っていうのは自分に対してではないし、他人に対してでもないし、取り戻せない時間に対してっていうか。あの頃の鬱屈していたものに対して、っていうか。人に対するものではないんですよね、すごい漠然としてるんですけど、なんか悔しさをバネにはしてますよね」

ーーあの頃、っていうのは?

「復讐したいのは……オールタイムですね。小学生くらいの頃とか中学の頃とか。自分を分かって欲しいって気持ちがあるんですよね。でも分かってくれないもんじゃないですか。だからそういうものに対する悔しさっていうのがあって、憎しみっていうか悔しさですよね。それって結構みんな持ってるものだと思うんですけど」

ーーあぁなるほど。復讐心というか悔しさですね。歌手でも作家でもなんでもそうだと思いますけど、なにかを創る人っていうのは劣等感とか、どちらかというと負に近い感情を持っている人の方が多いですよね

竹内道宏07竹内さんのイラストより「そうですよね。劣等感というと結構ありますもん僕も。スポーツも苦手だったし、クラスに馴染めなかったし。今までどこにも馴染めたことがない気がするんですよね。僕の居場所ってどこなんだろうって考えるし。そういうのが良くないとは思ってるんですよ。もっと飛び込んでったほうがいいと思っていて。でも上手く出来ない悔しさみたいなのがあって。だから人と接するために表現しているというか、絵を描くのもイベントに呼んでもらうのも文章書くのもそうだし、これだけは僕言いたいことなんですけど。もしかしたら復讐心っていうのは自分の性格に対するものなのかもしれないですけど、やっぱりその分、他の人と同じように人と普通に接することができないからこそ、こういう表現で繋がれるじゃないですか。実際色んな人と知り合えたりしたし。そういうもので取り返して行きたいんですよね。普通にみんなと接することが出来なかった分。生身の僕だけでは無理だから。時間かけてなにかをやって、人と会うために。出会うためにね」

before.png |1|2|3|4|5|6| next.png

竹内道宏
(26歳/ライター・イラストレーター・パフォーマー)

竹内道宏プロフィール

たけうちみちひろ 1983年9月12日兵庫県生まれ
大学卒業後に上京し、日本映画学校に入学するも学費が払えなくなり半年で退学。高校時代に開設したHP「全世界組織解体続行委員会」やmixiにアップした中川翔子のライブレポが話題を呼び様々な交友関係を広め、ライター業を開始。一時出版社に勤務し編集者としても活動していたものの、今は退社しフリーのライター、イラストレーターとして活躍中。最近では『界遊』『spotted701』などに寄稿。
音楽を聞きに来たライブハウスの客たちを異様な風貌と意外な展開で爆笑に誘うステージングが大好評のパフォーマーであり、2010年1月には《THE NOVEMBERS》も出演するイベント「動物園 vol.1」に出演予定。今年のサマーソニックにも出演し話題沸騰直前のバンド《神聖かまってちゃん》と親交が深く、彼らのライブ映像を撮影しyoutubeにアップしている(たけうちゃんねる)カメラマンでもある。

「全世界組織解体続行委員会」
youtube たけうちゃんねる
twiiter:@takeuching

interview

モーニングス(バンド)取材・文:田島太陽
#10 野口尚子/印刷コーディネーター

モーニングス(バンド)取材・文:田島太陽
#09 the mornings/バンド

ヌケメ インタビュー(聞き手:田島太陽/撮影:市村岬)
#08 ヌケメ/ファッションデザイナー

加耒徹/バリトン歌手 インタビュー(聞き手:田島太陽/撮影:市村岬)
#07 加耒徹/バリトン歌手

more interviews