斉藤桂(23歳/油絵画家)Part.3|20代クリエイター限定インタビューマガジン creatalk

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

title.png

3.描くことはコミュニケーション

『傘の下の子』斉藤桂『傘の下の子』(09年/194cm×162cm)

ーーでは油絵の魅力ってなんでしょう?

「物質的なことになっちゃうんですけど、厚く塗れるっていうのはありますよね。透明感を出せるんですよ。厚く塗った上にシャバシャバに溶いた絵の具を、例えば青の上に薄く溶いた青を重ねると、セロファンをかぶせたみたいな透明感が出るんですよね。モナリザとかもそういう技法で描かれていて。それが水彩だと絵の具がとけて混ざっちゃったりしますから。薄くしたり厚くしたり、自分の好きなように厚みを加えられるのが油絵かなと。自由が利くから、それが一番魅力かもしれないですね。カサカサした状態にも出来るし、ツヤがある状態にも出来るし。だから女の人の化粧ともちょっと似ているところがあって、IKKOの化粧とか参考になるんです(笑)」

ーー作品を作る上で伝えたいテーマっていうのはあるんですか?

「それはあんまりないんですよね。何かを伝えたいとかもあったりするんですけど、全てがそうではないです」

ーーただ自分の頭の中にあるものを絵にする、っていう感じ?

「あの、作品作りの衝動がすごく幼い動機なのかもしれないんですけど。例えば子供が絵を描いて親に観てって言うのは、自分でなんとなくすごいものが出来たから、その自分がすごいと思うものを他人に観てもらいたい、すごいねって言ってもらいたいっていうことですよね。そういう価値観みたいなものを共有したいから見せるわけで、だから(僕が描くのも)一種のコミュニケーションというか。特別なにかを伝えたいっていうのはちょっとおこがましいみたいな感覚もあって。僕ごときが他人に影響を与えようなんて、っていう。ただその作品を通じてなにか、人と人とが繋がったりとか、そうなればいいなとは思います」

ーーなるほどね。こういうテーマがあるから絵を描いている、っていうことはそんなにはないんだ。でも1枚1枚それぞれに描こうと思っていることはあるんだよね。

「そうですね。それぞれに想いはあります」

ーーさっき油絵を始めたきっかけの話も聞いたけど、その時にはこういう絵を描きたいっていうことも考えた?

「いや、最初はただ単純に、パレットに絵の具を出して描いてみたいっていうだけで。それで「わぁ綺麗」みたいな(笑)。それが単純に面白かったんです」

ーーあぁ(笑)。油絵って筆も色んな種類があるって言うしね。絵の具も高いんでしょ?

「高いですねぇ……。物によるけどすごい高いやつもあるし。最初はそんなに奥深いものだとは思ってなくて、分かったつもりになっていたのもあったんですけど、でもやればやるほどに底が見えなくなってどんどんのめり込んで……、もうすっかり油絵に迷い込んでしまったって感じ(笑)」

ーー尊敬する画家とか目標にしている人とかはいます?

「それはいないんですよね。それを考えていると、どうしても近づいていって模倣になってしまうジャンルだと思うんで。だから目標はないんですけど、尊敬しているのは活躍している方全員、尊敬しますね」

『カップラーメンの悪夢』斉藤桂『カップラーメンの悪夢』
(09年/130cm×97cm)
ーーもちろん今までに色んな作家や歴史を学んで来たと思うんだけど、この作家が好きだなっていうのはいますか?

「うーん。それもやっぱりたくさんい過ぎてって感じですかね。なんか僕、自分でこれは嫌なところだなって思ったりするんですけど、影響を受けやすいんですよ。単細胞なんです(笑)。いいものを見たりするとすごく素直にいいなって思って感化されちゃうところがあって、みんなアリだしみんないいじゃんと思っちゃって。だからひとつに決められないというか。自分の解釈でこの人って挙げることは全然出来るんですけど、でもそれで別の誰かが2番目になってしまうのが嫌というか」

before.png |1|2|3|4|5|6| next.png

斉藤桂
(23歳/油絵画家)

IMGP4515.jpg

さいとうけい 1986年東京都生まれ
高校卒業後に現役で武蔵野美術大学造型学部油画学科に入学。グループ展を経験した後に在学中の08年にトーキョーワンダーウォール賞を受賞。トーキョーワンダーウォール入選作品展(東京都現代美術館)に参加し、東京都庁での入賞者展にて個展を開催。09年11月には東京コンテンポラリーアートフェア2009(東京美術倶楽部)にて個展「よしんばてふてふが飛んだとして」開催。今後の美術界を支える注目の若手作家。

twitter:@keichikurin

interview

モーニングス(バンド)取材・文:田島太陽
#10 野口尚子/印刷コーディネーター

モーニングス(バンド)取材・文:田島太陽
#09 the mornings/バンド

ヌケメ インタビュー(聞き手:田島太陽/撮影:市村岬)
#08 ヌケメ/ファッションデザイナー

加耒徹/バリトン歌手 インタビュー(聞き手:田島太陽/撮影:市村岬)
#07 加耒徹/バリトン歌手

more interviews