加耒徹(26歳/バリトン歌手)|20代クリエイター限定インタビューマガジン creatalk

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

title.png

HOME > インタビュー > 加耒徹(25歳/バリトン歌手) > プロフィール

#07 (26歳/バリトン歌手)

かくとおる

profile

かくとおる……1984年5月生まれ。福岡県出身。
5歳よりヴァイオリンを始め、高校で声楽を始める。2004年、東京藝術大学音楽学部声楽科バス専攻に入学。卒業時の2008年、同声会賞受賞。新人演奏会出演。現在は藝大修士課程の二年次在籍中。第20回友愛ドイツリートコンクール第2位。併せて日本歌曲賞、日本Rシュトラウス協会賞を受賞。
声楽を福嶋敬晃、勝部太の両氏に師事。これまでにG.ボッセ、M.アンドレーエ、E.オルトナー、F.レニッケ、鈴木雅明、現田茂夫、小泉ひろし等の指揮者のもと、九州交響楽団、藝大フィル等と共演。音楽ビアプラザライオンメンバー。その他受賞歴・出演歴多数。

■ブログ……加耒徹の気ままにDiary

introduction


僕はクラシック音楽に興味がないし、いつか廃れて消え行く芸術だろうとぼんやり思っていた。ちゃんとしたクラシックを聴いたことなんてなかったし、聴こうと思ったこともなかった。だけどクラシックに触れる機会が偶然訪れた。広いホールに生身の肉声が響き、空気を震えさせる感覚を初めて体感した。歌っているのは僕と同い年のバリトン歌手だった。

 僕たちの世代でクラシックを頻繁に聴く人は少ないだろう。いまクラシックの公演に足を運ぶ人もやはり、40代〜50代以上の人がメインだそうだ。このまま行けば客層はどんどん高齢化し、クラシックを聴く人は減る一方だ。
 しかしなぜ、僕と同い年の彼はクラシックで生きることを選んだのか? その魅力や未来を聞いた。

(取材・文:田島太陽/写真:市村岬/協力:音楽ビアプラザライオン/取材日:2010年5月17日)

before.png |1|2|3|4|5|6|7| next.png

加耒徹
(26歳/バリトン歌手)

100517_torukaku_0078.jpg

かくとおる……1984年5月生まれ。福岡県出身。
5歳よりヴァイオリンを始め、高校で声楽を始める。2004年、東京藝術大学音楽学部声楽科バス専攻に入学。卒業時の2008年、同声会賞受賞。新人演奏会出演。現在は藝大修士課程の二年次在籍中。第20回友愛ドイツリートコンクール第2位。併せて日本歌曲賞、日本Rシュトラウス協会賞を受賞。
声楽を福嶋敬晃、勝部太の両氏に師事。これまでにG.ボッセ、M.アンドレーエ、E.オルトナー、F.レニッケ、鈴木雅明、現田茂夫、小泉ひろし等の指揮者のもと、九州交響楽団、藝大フィル等と共演。音楽ビアプラザライオンメンバー。その他受賞歴・出演歴多数。

■ブログ……加耒徹の気ままにDiary

interview

モーニングス(バンド)取材・文:田島太陽
#10 野口尚子/印刷コーディネーター

モーニングス(バンド)取材・文:田島太陽
#09 the mornings/バンド

ヌケメ インタビュー(聞き手:田島太陽/撮影:市村岬)
#08 ヌケメ/ファッションデザイナー

加耒徹/バリトン歌手 インタビュー(聞き手:田島太陽/撮影:市村岬)
#07 加耒徹/バリトン歌手

more interviews